« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

日仏ワンマン後記

ELEKIBASS日仏ワンマンライブにお越しいただいた方、ありがとうございました。
昼すぎのテラス席は殺人的な猛暑にくわえ蚊やアブなどの虫が沢山やってきて、
わざわざコンビニに虫除けスプレーを買いに行く人もいたりするほどでしたが、
日が暮れて夜になり、僕らのライブが終わった頃には気温も夏っぽい感じで程よく、
虫も不思議と寄って来ず、ライブ後の余韻を楽しむ&野外でお酒を飲むにはピッタリな
環境のテラス席でした。
「Not to be taken away」のとき、僕は一旦ステージを抜けてテラス席に出ましたが、
本日主役のライブ中にもかかわらずテラス席はとても沢山の人たちで賑わっており、
とても開放的で居心地のよい空間だったのだろうと思いました。
僕もライブ終了後、普段は全く飲まないビールを場の雰囲気と一緒に飲みました。

福岡ワンマンもそうでしたが、日仏ワンマンもELEKIBASSの約10年の歴史を振り返る
ようなセットリストでした。
1曲のみ、この日初めて演奏したカヴァー曲がありましたが、これは来月に行く予定の
アメリカのとある場所、とある方々に向けて披露するための曲でした。
初めてにしてはなかなかいい感じで演奏できたのではないか?と思いました。
ライブ中盤は、1st、2ndアルバムの曲が中心の内容でした。ライブ後に旧作を購入して
くれた方が何人かいたのが嬉しかったです。

当日配布したELEKI新聞的な中にも書いてますが、ステージから見ると色んな反応が
見受けられました。
ステージ前方で楽しそうに踊る人、笑顔でほがらかに楽しんでいる人、軽くノリノリな人、腕を組みジッと眺める人、一生懸命背伸びをしている人、人と人の間から覗き込むように見ている人、椅子に座り音だけを聴いている人などなど。
お客さん層も様々でした。外国の方々から若干老若な方々、男女も様々、この多種多様さもELEKIBASSの良い点だと思います。
イカつい髭づらの男がニヤッとしてたのも印象的でした。(知人のギタリストですが)
いろんな人に楽しんでもらったことと思ってます。

個人的には、ギターの音量を足だけでなく手も使って調整するハメになってしまい、
フランス人PAのファブリスを相当困らせたことと思いますが、「すまんファブリス、後は
任せた!」という思いでした。不安を吹き飛ばし、とても楽しくやれました。

今回も1stアルバムから「Johnston」をやり、姉妹曲の「Daniel」は結局やりませんでしたが(今後もやる機会は恐らくありませんが)、昔から僕らを知っている人は懐かしがり、最近僕らを知った人には新鮮だった。っていう感じだといいなと思います。
それもワンマンならではかと。
次回ワンマンは未定ですが、その時もまたのお越しお待ちしています。


| | コメント (2)

2010.7.19 mon

0719_4


| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »