« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

福岡、小倉、山口へ

04_25_0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アパートメントのレコ発に来てくれた方、サンキュー。
Elekibassとは違ったノリ、サウンドなので、ライブが終わった後はいい感じでグッタリ。
個人的にはモールスの「星みたいに」で、ギターで参加。
久しぶりにドキドキした夜になりました。

さて、今日からElekibassは福岡、小倉、山口へと遠征。
山口は初めての土地。福岡、小倉は何年ぶりだろう?
初福岡は、ビート・クルセイダーズとドミノ88達と。
他にはオブモントリオールとのジャパンツアー、サンプリングサンとのツアーなどなど。

小倉はアップルフィッシュマンデーの地元、彼らとは何回か一緒に共演。
今回は2マンなので楽しみだ。

つーわけで、家が近い方はぜひお越しくださいね。

Little Wings カイル・フィールド展「country questions」。
ニューアルバムの発売に伴い、来日ツアー&カイルの描くイラストの個展が開催。
more info→http://www.7ep.net/

| | コメント (0)

apartment fan !

Apartment

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

季節の変りめ、薄手のコートがまだまだ活躍する今日この頃。
一昨日と昨日はとても強風でしたが、いかがお過ごしですか?
雨も降って道行く人はまるで・・
04_06_0


4/24(木)アパートメントのレコ発に、サポートギターとして参加します。
ベース、ドラムはクーニー&マッチョ
from ハミリーコンプータ。
04_06_4

アパートメントのファンはもちろんのこと、ビートルズ、ローリングストーンズ、キンクスなどの
ビッグバンドのファン、ハミリーコンプータ、Elekibassのファン、特にクーニー&マッチョ のファン、そして僕のファン、ニック・ホーンビィからキルゴア・トラウト読者の方、
大のオブモントリオールファン、ワルシャワの夜とワイキキの休日が好きなファン、
主食がスパゲッティになりがちなファンや休憩時間は読書派のファン、雨の日は
ドクターマーチンを履くファンやフランスの労働者ばりにボーダーシャツを着るファン、kiiiiiiiLakinのファンや、ANDERSENS、壊れかけのテープレコーダーズのファン、そしてMOOOLSのファンの方、こぞってお越しくださいね。

111_2

4月24日 代々木 Zher the ZOO
料金:前売り2000 当日2300 1ドリンク別
開場18:30 開演19:00
出演:apartment/ANDERSENS/壊れかけのテープレコーダーズ/moools
DJ:sakamoto(elekibass/waikiki record)

http://www.apartment-jp.com/


| | コメント (0)

前日のセレナーデ後記

2日目の渋谷Duoは、超満員。(2Days行っちゃいました。)
初日にモデストグルーブを汗かいて堪能した僕は、2日目は客席後ろから
モデストサウンドの全貌を楽しむ。
この日は、モデスト初来日から一緒に見てるもう1人の猛者が三重県から上京。
初日の石川県の猛者と合流し、3人でライブ参戦。
ライブ後、その2人の猛者はやはり汗だくになってた。
その後は焼肉屋でライブ感想会、酒はあまり飲めないくせに軽く飲みに行って、
ウチでモデストの1stアルバムを聞いたりなんかしたり、などなど。

初日の僕は、ステージ上手のボーカル/アイザック側にいたので、ステージ下手の
ジョニー・マーのコーラスやギターは全然聞こえなかった。
音源ではギターの掛け合いがとてもカッコいいだけに、ライブではどうやるんだろ?
っていうのがすごく気になってたので、2日目はジョニー・マー側の下手に陣取る。
(今思うと、フロア中央に行けばバランスよく聞こえたんじゃないか)

ステージ下手側は、ジョニー・マーのギターの音量はデカかった。
ちょっと音量バランス悪いんじゃないか?って思う瞬間もあるくらい。
(やはり、フロア中央がいちばんいい。)
しかしまあ、いろんな音色を出してたな。
エフェクターが横に長く並んでて、軽くステップしないと踏めない位置に
エフェクターがあったり。
「いちばん左のエフェクター踏んだら、横にツーステップして右から2番目のエフェクターを踏む!」
みたいなかんじ。

テンポが速い曲でも、細かい小技を2小節目、4小節目に必ず入れてくる。
しかもその小技、かなり「バカ」なフレーズ。(いい意味でね)
なんでこんなバカみたいなフレーズを、毎回ちゃんとしっかり弾くんだろう?
でも、あの「バカ」な部分がないと、魅力は半減どころじゃない。
言葉じゃうまく説明できない所が悔しいが、あの瞬間がすげーカッコよかったな。

アイザックも、難しいギターフレーズを弾きながら歌ったりしてた。
「なんでそこはジョニーが弾かないんだ?」
って思ったが、難しいフレーズをしっかり弾きながら必死に歌う姿が面白い。

ベースのエリックが、アコーディオンを「フワ~ン」と1回だけ鳴らす変なイントロ。
「キュワイン、キュワイン!」と、脱力してしまうような、妙なお馴染みのピッキング。

ちなみに、トランペットの人はスチールギターも弾いてた。
コーラスも残念ながらあまり聞こえず。
彼、すげー叫んでたんだけどね。

ドラム2人、ベース2人、ギターも2人いるから、あの特徴的なフレーズをユニゾンで
弾いたときはガツン!と迫力が増す。一気に全体のサウンドが太くなる。
「なにも2人でやんなくてもいいのに!」って思うが、極端なことをやる振り切れ具合
というか、普通の人だったらやんないだろうな、ってことをやるのがモデストマウス。
「バカ」みたいなことだけど、それがとてもカッコいい。
そこら辺が彼らの骨頂。
そういう意味で、日本にはいない、何だかスケールが大きいバンドだな、って
後ろから見てて思った。

2日目もアイザックの喉の調子は良くない様子で、曲のポイントになるコーラスの
音量もとても小さかったが、まあそんな事は、ライブはもう終わったから別にいっか。

しかし、こんな変なバンドが全米1位を取るなんて、面白いね。
そこに至るまでや、売れた理由はいろいろあるんだろうけど、
まず第一に、彼らはとてもイカしてる。
ザッツイット。

| | コメント (3)

眠れない夜のセレナーデ Pt 2

Modest Mouse on David Letterman Live

午後にちょっと昼寝したのが原因かも。今夜はなかなか寝付けない夜。
今日はとても春らしい穏やかな日。
春眠暁を覚えず、とはいかないっぽい。

今日は、モデストマウスの来日ライブを観に、渋谷Duoへ。
前回観たのは、7年前の下北シェルター。その前は9年前の下北シェルターで。
当時は3人編成だった。現在は、6人編成。
過去2回の来日時の前座は、モールスだった。
モールスを初めて観たのも、そのとき。
そんで、今回の来日の前座もモールス。
モデストマウスを観るときは、いつもモールスを観てることになる。
何か不思議な感じ。

渋谷Duoってキャパはどんくらいだろう?500人以上は入るんだろうか?
ホールクラスの会場でモールスを観たのは、今回が初めて。
そんなでかい箱でも、迫力あるサウンドをガツン!と出すモールス。
そしてライブハウスではなかなか見れない、「照明」演出が効果的。

そんで本編のモデストマウス。
久しぶりにライブを観て汗かいたな。だって、「ぜひやってほしい曲/久々に観たい曲」は
見事にやってくれた。キラーチューンはもちろん、「Trailer Trash 」とか、2ndアルバム辺りの古い曲までプレイ。
一緒に行った友人(彼とは初来日の時から一緒に観てる猛者)と、
「まさか、Trailer~はやんねえよな~」とかライブ前に話してただけに、イントロが始まって「おおっ!」とビックリ。

キラーチューンで客をアゲる。
そんでベースラインと歌詞がカッコいい「Tiny Cities Made of Ashes」でアゲる。
アップライトベースとエレキベースのダブルベースでノリノリなリフ全開。
観てる僕らもノリノリ。
ボーカルのアイザックがバンジョーに持ち替えて歌う曲も何曲かあり、彼のイカした
バンジョーフレーズがとてもイカす。
基本的に、彼のギターフレーズはイカしてる。

ベースのエリックがアコーディオンに持ち替えた曲もあり、(でも僕がいた位置では聞こえにくかったが。)6人編成のモデストマウスはドラムが2人に、時にその片方がパーカッション的な役割、トランペットにキーボード、時にダブルベース、そしてバンジョーなど、いろんな楽器が鳴ってて見栄えもカッコいい。
曲によっていろんなメリハリがあって、ほんと、面白いバンド。

ではここで、髭をキレイに剃り、今より若干ぽっちゃりしてる時の彼らのライブでも。
Modest Mouse - Satin in a coffin (live at Letterman)

この日のボーカル/アイザックは喉の調子が悪いらしく、2曲目あたりで喉にサインペンで「×」と書いてたくらい、声が枯れてたのが残念。噂の人、ジョニー・マーの冴えてる筈のコードカッティングのギターもあんまり聞こえなかった。(オレがいた位置が原因か?)

ライブ後、外国人のお客さんが僕に、
「アメリカ人がライブ中にFXXK YOU!って連呼しててゴメンね」
と謝りつつ酒をすすめてきた。
いや、別にそんなこと僕はどうでもよかったんだけど、
「Duoはいい箱だ。でも、モデストマウスはアメリカじゃ軽く千人以上は入るのに、なんでこんだけしか集まってないんだ!」と絡まれた。「いや、それはオレに聞かれても」って話だが、でもまあたしかにね。
「全米1位!」の割りには、日本じゃまだアンダーグラウンド的な存在なんだろうか。
今日の渋谷Duoはほぼ満員。
9年前の下北シェルターは、フロアは少し寂しかった気がしたな。

ああ、そうこうしてる内に、夜が白み始めてきた。
朝のニュースでも見ながら寝よう。
では今日の最後に、寝付けない方は彼らの最新キラーチューン「Dashboard 」のPVでもどうぞ。
と思ったが、投稿者の都合によりリンク不可。
いやしかし、カッコいいバンドだよモデストマウス。

| | コメント (0)

チャンピオン達の朝食にて

04_05_0

4月。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月に入ってからも相変わらず、「Comic opera」がいい。
2曲目の「Just as You Are」が特にいい。
1番はモニカ・ヴァスコンチェロスというブラジル人の女性が歌い、
2番はロバート・ワイアットに交代。
ちなみにギターはポール・ウェラー。

先日の仙台ライブ、渋滞にも巻き込まれずスイスイと到着したが、
この日の仙台は超強風。
そして寒い。

今回の遠征の敵は、「寒さ」。
まあ、冬に比べればどうってことない寒さなんだろうけどね。
でも、4月に入ってんのにあの寒さはこたえる。
僕らが仙台の街を歩く姿は、北風に必死こいて立ち向かう、まさにあの童話のよう。
それはこんな格好。
04_06_0_3


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リハ後、僕らは北風に飛ばされそうになりながら、仙台メディアテークを見学。
伊東豊雄という建築家が設計した、モダンなデザインの公共施設。
エレベーターがチューブのような設計になっている。
それはこんな格好のエレベーター。

04_06_10


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空調のパイプも内装デザインとして活躍している。
図書館も開放的でモダーンな感じ。仙台市民のナイス憩いの場。


僕らはチューブ型のエレベーターに乗り、とりあえず最上階へ。
最上階からは、これまたチューブをあしらったデザインの螺旋階段を使い、
各階ごとにフロア見学。
お土産に、伊東豊雄氏がデッサンで使用しているという
ペンを購入。ペン先がちょっと変わっている。

04_06_2_2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試し書きしてみると、こんな風に。

04_06_3_2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何年ぶりかの仙台でのライブ。
今回の遠征を共にしたハミリーコンプータにとっては、初めての仙台。
たまにしか仙台に行かない僕らはお客さんを全く呼べず、
会場内は閑散としていてとても寂しい。
20人いたかどうか。しかもお客さんは、後ろ、横の壁に張り付いている。
ちなみに、ハミリーコンプータというバンド名は、「ファミリーコンピューター」と
とても似ている。
80年代に一世を風靡した、家庭用ゲーム機。
それはおそらくこんな形をしていた。
04_06_4_3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕の両親は、「別に必要ない」との理由でファミコンを買ってくれなかった。
それ以来、僕はゲーム機に全く興味がない。
でも、弟はスーパーファミコンを買って貰っていた。
僕はそれを弟から取り上げ、KOEI三国志ゲームをプレイし中国を統一した。
当時の中国の勢力図はこんな具合。
04_06_5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕が統一後の中国は、
04_06_6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さあ、こんな状況の仙台ライブ、一体どう盛り上げるか。
ハミコンは「こんな逆境に負けてられっか!」といわんばかりの、
とても勢いのある演奏。「ナイスライブ!」と僕は思ったが、
仙台っ子は壁から離れず。

そして次は僕らElekibass、ハミコン達の影響で僕らのテンションも
いいかんじ。いつもの感じで演奏。
僕らはこういう状況に慣れてるので、いつもと同じテンションで、
割と落ち着いたいい演奏が出来たんじゃないか。
僕らを見てくれてたお客さんに、何かしらの印象を残していればと
願うばかり。
CDやTシャツを買ってくれた方々、ライブを楽しんでくれた方々、
どうもサンキューありがとう。

04_06_7


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北風のように、無理やり何かを求めるのは返って逆効果なときがある。
そんなときは、太陽のような暖かさで緊張をほぐすと功を奏すときが
ある。とイソップSaid。

この日の仙台は北風ビュウビュウの超強風。暴風警報が出てたみたい。
太陽はどこかに雲隠れ、コートもマフラーもまだまだ手放せない、
とても寒い1日だった。
04_06_0_2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ライブ後、僕らはコートの襟を立て、手をポケットに突っ込み、
牛タンを食べにいく。

牛タンとは、牛の舌のこと。
牛の舌を網焼きにして、お好みでレモンや塩をかけて食べる仙台名物。
僕ら観光者は、まずその「厚さ」に驚く。
「タン」とは、牛のこの部分。
04_06_8


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しかしベジタリアンの友人には、僕が牛の舌を食べている姿は
とてもじゃないが見せられない。
とろろご飯と一緒にいただく。美味しかったよご馳走さま。

というわけで、といっても、どういうわけか分かんない人が多いだろうが、
現在僕は「チャンピオン達の朝食」を読書中。
各界のチャンピオン達が食べる朝食とは?といった内容ではなく、
そのタイトルの真意は、読み終えてないからまだ分からない。

ちなみに僕は朝食にキウイをよく食べる。
キウイはこんなかっこう。


04_06_9

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


| | コメント (4)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »