« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ハッピーエンドにいたるまで

10_04_0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回の続き。
つーわけでさっそく行って来たzoka-coffee。
「コンパナください」と注文し、飲んだコンパナはとても旨かった!

しかし、東京には2店舗しかないのか。
ウチから一番近いのは目白。そう気軽に行けないのが残念だ。
後味が、とても美味しいコンパナでした。

・Kathy McCarty 「Dead Dog's Eyeball Songs of Daniel Johnston」

本人にメールしないと買えない、と聞いていたこのアルバム。
初めて聞いたのは、2年前のアメリカツアーで滞在した音楽好きオジサンの家。
そして今回のツアーでダニエル・ジョンストンと会い、彼の音楽で盛り上がり、
キャスパー・ジェイソンに「「Dead Dog's ~探してるんだけど、手に入らないんだ・・・」
って話をしたら、「僕持ってるから、CDRに焼いてあげるよ」と言ってくれ、
なんて嬉しいことを!サンキュー、ジェイソン。君はどこまでもナイスガイだ!
とハグをした。

キャシー・マッカーシー(もしくはマッカーティ)は、映画「悪魔とダニエル・ジョンストン」にも登場する、ダニエルの幻想に終わった恋人。
彼女自身もミュージシャン。このアルバムは、彼の曲のカバー集。

「Sorry Entertainer」と、「Museum of Love」が特にイカしてる。
「Like a Monkey in a Zoo」 も好きだ。
「Walking the Cow」は、この前DJやったときにかけた。
僕の知り合いがニンヤリしてたのを思い出す。

帰国後、というかつい最近、ネット上でこのアルバムを発見。
あんだけレコード屋やCD屋を探したのに、こんなにあっさり見つかった。
なんでもっと早く、ネットで探すことを思いつかなかったのか。
今だにレコードやCDは、「お店に行き、無いなら足で探すか、いさぎよく諦めろ!」と
思い込んでいる僕。
約3年間、僕の頭の片隅にずっとあったアルバムは、夕食後に宅急便のオジサンが
ウチに届けてくれた。

届いたばっかりのこのアルバムを聞きながらYouTubeでキャシーの映像探してたら、見たことある映画で彼女が歌っている。それは僕の「好きな映画トップ5」に堂々ランクインの、「before sunrise/before sunset」。
曲はこのアルバムの中から「Living Life」。

全然、記憶にない。
この映画のサントラだったなんて。
どのシーンで流れてたんだろ?
それにしてもグッドタイミング。ナイス偶然。 
そして僕にとってはこの「偶然」が、なんだかとても嬉しい。

「悪魔とダニエル・ジョンストン」を観たときも、彼女が登場したシーンを見て、
「あっ!あのアメリカの、あのオッサンの部屋で聞いたあの人だ!」
と、そのときもナイス偶然を喜んだ。

映画の中で彼女は、
ダニエルの病気が重いとき、歌うことができない彼の代わりに、
「彼の歌を広めるために作ったアルバムなのよ」 って言ってた。

ダニエルとキャシーが出会ったのも、「before sunrise」の2人が同じ車両に乗っていたのも、僕がこのアルバムをネット上で見つけたのも偶然。
まあなんにしろ、出会いなんて偶然か。
僕らがあの音楽好きのオッサンの家に泊まったのも。
自分の中で、このアルバムを手に取るまでに起きたいろんな偶然を過去へ
さかのぼってみる。
点と点とを線で結んで楽しむ。

「お父さん、お母さん、出会ってくれてありがとう」までさかのぼると、もうキリがない。

| | コメント (6)

徒然なるも程ほどに

10_02_0_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
突然やってきた秋。秋雨がしとしと、カーディガンでもちょい寒い。
今までずっと飲んできたアイスコーヒーが、物足りなく感じてきた。
こないだから濃い味にハマっているからだろう。
毎日飲んでいる。中毒性があるのか。
最近飲むアイスコーヒーは、なんだか昔のよしみで飲んでいる気分だ。
まあでも、だからといって、アイスコーヒーを止めることはないだろう。
アイスコーヒーを飲みたい気分は、一日に一回は必ずある。

現在Elekibassはレコーディング中。
各自がそれぞれ都合のいい日に、レコーディングをしている。こういう試みは初めて。
先週は僕のギターをレコーディング。とりあえず3曲。
途中まで仕上がっている音源を聞き、ギターを入れる。
作業は、昔から僕らとはお馴染みのNERO河合さん宅で。
あんな音がいい、こんな音にならないか?ああしよう、こういう風に弾こう、などなど、
あーだこーだ言いながらレコーディング。
河合さんは、僕が思ってた以上の音を提供してくれた。
今後も楽しみだ。

今回ギターレコーディングするにあたり、何だかとても刺激が足りなかったので、
なんかこう、気分を高揚させてくれそうなものを求めて、CDやレコード聞いたり買ったり、
友人のライブを見に行ったり、ついでにカバンや靴を衝動買いしてみたりする。
コンドル44もプラトンも、ストライカーズもモールスも、バンドとしてしっかり前に進んでいる感じがした。
「前の方がよかったな」とは言わせない、音楽的な成長ぶり。
モールスは現在アメリカを西へ東へツアー中。
アメリカは僕らも何度も行ってるが、聞くととてもうらやましく感じる。
帰国後は、モールス史上初ワンマン。

カバンを買うときは、お店に入りそれを見た瞬間気に入ってしまい、
しかし値段と相談するため一回出直すが、初期衝動に押されて後日購入。
靴も、ネットで見つけたページをお気に入り登録しといて
たまに眺めながら、現実の自分と長い相談が続いたが、やはり最初に見たときの初期衝動に背中を押され、「購入する」ボタンをいさぎよくクリック。
翌日届く。早い!

大河ドラマ「風林火山」は、クランクアップを迎えたそうだ。
なんでも、大河ドラマ史上初、「一話延長」らしい。
主役「山本勘助」役の内野聖陽氏(「まさあき」と読むみたいだね)は涙ながらに撮影を振り返る。
現在は、ついに長尾影虎(後の上杉謙信)と第一回「川中島」合戦。
刺激的な日曜20時。

こないだ車にあやうく轢かれそうになった夢を見た。
夢の中でもオレはすげービックリ。
トップスピードで僕を避けた車は道路脇の草むらに突っ込んでた。

新宿の路上には、路上喫煙を見張るオッサンがウロウロしている。
「路上喫煙は止めましょう」ティッシュを配るオッサンまでもいる。
タバコを持った手を振りながら歩くやつの腕を掴み、毘沙門天の前に連れて行き
経を唱えさせ、そしてついでに携帯メールしながら歩くやつから罰金をとって、
その罰金を吸殻以外のゴミまで掃除してくれるオッサンに還元してほしい。


「ローズウォーター財団です、何かお力になれることは?」

ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを / カート・ヴォネガット著。
ローズウォーター財団の御曹司、エリオット・ローズウォーターは、古びた黒電話が鳴るとそう答える。
ある日突然、隣人愛に惹かれた彼。
彼は恵まれない人たちに、限りない愛と限りある金を分け与える。
悪徳弁護士が彼の異常な博愛主義につけこみ、財産権を奪おうと企む。
「この子はあなたの子供です。」と、57人の女性が突然名乗りでてくる。
エリオットは全ての子供を認知し財産権を分け与え、
「生めよ、ふえよ!」
と言い残し物語は終わり。その様子を見ていた上院議員の父親は失望憤慨する。

最初に読んだときはイマイチ内容が掴めなかったが、2回目で把握。
前回の「タイタンの妖女」を読んだときもそうだったな。
僕は読解力がないのか?
彼の本は、セリフや言い回しがとても面白い。とても惹かれる。くすぐられる。
なので1回目はそれを楽しみ、2回目で全体像をつかむ。そして結果、面白い。
現在は、「ガラパゴスの箱舟」の2回目中。

長くなってきた。
先日、最近よくエスプレッソを飲みにいっているお店に行き、
「コンパナください」というと、店員に「えっ?」とポカーンとした表情をされた。
どうやら通じなかった様子。
気を取り直し、「エスプレッソにホイップクリームを・・・」と言い直すと、
「はい、エスプレッソ・コンパンナですね!」
と言われた。う~ん、オレの発音が悪かったのか?
その旨を店員に尋ねてみると、
「コンパナともいいますが、当店ではコンパンナと呼んでいます」
とのこと。
別に呼び方にこだわるほど頑固な店じゃないんだけどね。店員によって違うのかな?

とまあ、終わりもどうでもいい話になってしまったが、
僕にもあなたにも神のお恵みを。

そして10/28(日)、渋谷O-CRESTにてElekibassプレゼンツ「YANKEES’HOLIDAY」が開催。
出演は、Kiiiiiii、WACK WACK RHYTHM BAND、SATORU・ONOです。
DJは大仏ブラザーズ。
カモンどうぞ見に来てね。

こちらはkiiiiiii↓


| | コメント (13)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »