« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

The money go round

eleki_001
picture by デビッド・バーンズ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間を使ってお金に変え、¥を$に換えて、このお金で時間にまた変える。

このおかげで変わったこの時間は換えられない。

この時間で生まれたものはお金に変わる。

このお金も換えられない。

なんだかよくわからんね。お金が巡れば時間も巡る。

money goes round!
It's time to Rock.
elekibass goes country !

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アセンズの星空

casper
ceilingfan
63crayons
bphelium
circulatorysystem
elekibass
greatlakes
marbles
Marshmallowcoast
ofmontreal
summerhymns
popfesttitle
アセンズポップフェスティバル2005。
ジョージア州の片田舎、アセンズで開かれるフェスに参加!
森の楽団サーキュレータリーシステム、マシュマロ看護士のアンディ、3月に来日したキャスパー&クッキーズ、10月に来日するオブモントリオール、前回いっしょにツアーを周った63クレヨンズ、そして夏が似合わないロバートシュナイダーfromマーブルズ/アップルズインステレオ達と!
スペシャルゲストもいるんだって。こんなフェスに呼ばれる特別な人って、誰だろう?

結局あの後、例の王子様はずっと信号を打ち続けていたので、
オレは彼を置いて始発の鉄道で先に帰りました。
で、途中下車してモールスのライブを見に行き(スゲーよかった!)、Tシャツを買って家路に。
2枚買ったから、彼に1枚送っとこう。

アセンズの星空。
素敵な夜になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星空に迷い込んだ男

moools_002
kurt_weil
lost in the starsmoools_005

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

銀河鉄道に乗っかって、行き着いた先そこは星空。
あっちできらきら、こっちできらきら。
どこを見まわしても星、星、星。
きれいな星がたくさん。なんかスゴイぞこの星空は。
あっちもいいな。こっちもいいな。こんなところ初めてだ。
ここはとても居心地よさそう。いいとこ見つけたなオレ。
寝転がって眺めてみる。う~んとてもいい気分。
なんだかだんだん眠くなってきた。ハンモックでもかけて、とりあえず寝よう。
この星空で聞くバックグラウンドミュージックは、とてもイージーリスニング・・・。

寝付けない。
BGMの選曲は、間違いない筈なのに。
ハンモックに慣れてないせいなのか?
あいかわらずこの星空は、キラキラキラキラ、きらついてる。
なんだか目が痛くなってきた。目の前がチラチラしてきた。
目に悪い気がしてきた。もしかしてこの星空は、オレには合わない気がしてきた。
来てみたはいいんだけど。たしかにきれいなんだけど。
なんかやっぱりしっくりこない。
目にやさしい星空が、別の場所にはあるのかも。

帰ろうかな。別の星空探してみよう。
あ、銀河鉄道って終電もう終わってんじゃん。
さあどうしよう。
歩いて帰るにもなあ。迷った困った。
とりあえず、そこの小さな星に行ってみよう。
誰かいるかもしれないし。

いた。
マントを羽織った小さい人が。
ん?君どっかでみたことあるね。オレと会ったことある?
あ!もしや。星の王子様じゃん!まさかこんなとこで会うなんて。
あれ?君メガネなんかしてたっけ?ちょっと老けた?
オレが知ってる君となんか雰囲気違うね。顔色が黄色だよ。
ねえあの薔薇は元気?ちゃんと水やってる?
なんか元気ないね君。悩み事でもあんの?目がうつろだよ。
ところで君いつからメガネ?はずしなよ。王子っぽくないよそれ。

なるほどね。まあたしかにね。
この星空はやけにきらきらしてるから、視力が落ちるのも無理ないか。
しかし君いつからここいるの?相当長そうだね。
そろそろどっか違うとこ行った方がいいんじゃない?
君にここは合わないっぽいよ。無理しない方がいいんじゃない?
たしかにこの星空はきれいだけど、君が住む場所ではなさそうだ。
そうだ気分転換になんか聞く?
そうだな。何にしようかな。
あ、そうだ「星みたいに」なんかどう?イントロのギターからイカしてるよ。グッとくるよ。
この曲でも聞きながら始発まで待とう。
時間はまだまだありそうだから、星の数ほどリピートできる。
え?君何やってんの?いきなり何を打ってんの?
それってもしかして・・。モールス信号?いったいどこに・・・?

「・-・・、 -・・、 ・-・・、 ・・・。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼が打った信号の行き先は、「クルト・ワイルの世界」。
ルー・リードにトム・ウェイツ、スティングにヴァン・ダイク・パークス。トッド・ラングレンまで参加。
クルト・ワイルというオペラ作曲家の曲をカヴァーしたコンピレーションアルバム。
まさにスター揃いの世界。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

素敵じゃないか

mm_001
これは冬の陽射しが差し込む昼下がり。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暑い夏には涼しい音楽を。
外から帰ってきたら、とりあえずシャワーでも浴びよう。
シャワー中はクーラーで部屋を冷やしておく事は忘れずに。
あ~スッキリした!涼しいね部屋!
それじゃあ次にコップに氷を入れて、炭酸でも。いややっぱりアイスコーヒーの方がいいかな。
飲み物が用意できたら次は何を聞こうか考えよう。
そこで登場マシュマロコースト、アンディ・ゴンザレス。
なんだか暑苦しい名前だな。
タバコでも吸おう。ふー。一息。
さあレッツプレイ。

「サーンラーイズ、フーキャンビーハッピーアフターサーンラーイズ♪」

アコースティックギターのイントロで始まる。
日の出を浴びて幸せになるのは、さて誰でしょう?
シャワー後のオレは、今この曲を聞いて幸せな気分だよアンディ。
しかし君はいいかんじのピアノ弾くね。
ゆるくて、どこか悲しげで。よくこんなフレーズ思いつくね。
クールだ君は。
窓から外を見れば、太陽がサンサン言ってるよ。まだまだ暑そうだな。
オレの部屋は今マシュマロコーストとクーラーのおかげで別世界。
そういやこの前みんなをサンサン言わしてるゆういちSUNが、
「好きの反対は「嫌い」、じゃなくて「無関心」、やな。」
ってクールに言ってたな。クールゆういち。
まあたしかにね。無関心って興味持たれてない、ってことだからね。
こっちから発信したときにまったく「スルー」される、ってことか。
発信側にとってはショックだねそれは。

曲は変わってビーチボーイズに。
君らはほんとコーラスきれいだね。気持ちよく、しかも涼しい。
「OUR PRAYER」って曲は、ほんと祈りを捧げてるみたい。
ブライアン・ウィルソンが言ってた「ポップ・シンフォニー」ってまさにこれから始まる。
曲は「Time to Get Alone」に。
この曲いいねー。この前聞いたときはそうでもなかったけど、今日はなんかグッときたよ。
なんか心臓をつかまれた様。たまにあるよねこういう「グッ」っとするとき。
でもなんでグッ、とする部分は胸なんだろう。他の部位でもいいのに。
「ハートビート」、とはよく言ったもんだ。
またまた曲は変わり、「恋はヒートウェーブ」。
この曲オレ好きなんだよね。なんかウキウキすんねこの曲。
モータウンサウンド。聞いてる人をウキウキさせるリズム。ボーカルの歌い出しで心臓をつかまれる。
シャン、シャン、シャン、シャン、ってタンバリンで心躍る。
熱いねこの曲は!
曲は変わり、NRBQの「クリスマス・ウィッシュ」。のインストヴァージョン。
歌が無くても聞けるアレンジ。でも頭のどっかで歌が流れてるのかな。
続いてNRBQの巨漢ギタリストが弾いてる30秒くらいのギターインスト。
あの巨漢が弾いてるとは思えない、とても繊細なフレーズ。30秒間の別世界に。
あ、またビーチボーイズになった。曲は「素敵じゃないか」。
素敵だねこの曲は。歌いだしから素敵だね。それを言えば、木琴みたいな音のイントロフレーズから素敵だね。
この曲を聞きながら、オレはビーチボーイズに「素敵じゃないか!」って言われてる。
この言い方はけっこう強引。「さあどうだ!素敵じゃないか!」
「ああそうだ、素敵だ!」とオレsaid。

曲はまたまたマシュマロコーストに。
ゆるーい曲。ほんとよくこんな雰囲気を出せるよね君は。
いったいどんな心臓してるんだ。
ちなみに部屋の中は、適当に選曲したCDをランダムにしてかけてます。
ランダムだけに、次に何が来るのかわからない。
何が来るのかは、神のみぞ知る。
次に来たのはビーチボーイズで「God Only Knows」!
いや実はね、オレ次にこの曲が来るような気がしてたんだよ。
奇遇だねランダム君。オレと君はバイブレーションが合うみたいだね。
こういうのをグッドバイブレーション、っていうんだよ。
じゃあ次の次くらいでその曲をかけて。
今日の君はグッドランダムだ。
その調子でよろしく。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Christmas vacation

nrbq
nrbq_001
もうすぐ夏休み。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暑いときに「暑い!」って言うと余計暑くなる気分。
痛いときに「痛い!」って言えば痛みがやわらぐ気がする。
泣きたいときに泣くときは?
悲しいことを思い出してみたりする。衝動的に泣ける人は発散上手。

暑い夏には炭酸を。革靴を脱いでサンダルを。
真夏に真冬を思い出せば、この暑い夏は乗り切れる!かもね。

真夏のオーストラリアでは、サンタクロースが波に乗ってやって来る!
トナカイの代わりに赤いサーフボード。ふっくらブーツじゃなく裸足で。
北半球的には出直してきてほしい気分。南半球的にはようこそウェルカム!
真夏にクリスマスを楽しむオーストラリア人。
北半球に住む僕らには想像できない。暑いクリスマスなんて盛り上がるのか?
でもきっとノリノリなオーストラリア人。サンタもノリノリな波に乗ってくるからね。
僕らが冬に楽しむ感覚を、真夏に味わってるオーストラリア人。

真夏のオーストラリア人には、NRBQの「Christmas Wish」をプレゼント。
僕らが冬に聞いて楽しむCDを、真夏に楽しめる国オーストラリア。
12月になったなら、そんな風変わりな国オーストラリアに行ってみよう!

NRBQ。New Rhythm&Blues Quartet。
結成して約20年、やってることはほとんど変わらない。
季節を選ばずに楽しめるバンド。
あっ!そういえばコートにNRBQバッジ付けたままだった!
Tシャツに付け替えとこう。

レディース&ジェントルマン、
Here Comes NRBQ!
メリー北半球&南半球!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

That's smile sounds .

brianwilson_001
brianwilson
DVD 「BEAUTIFUL DREAMER」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40年経って、やっとほほ笑めた男、ブライアン・ウィルソン。
40年待って、やっとほほ笑めたビーチ・ボーイズファン。

40年かかって、やっと完成を見たアルバム、「SMILE」。

ところは2005年の新宿、6月の曇り空。

そのとき僕はタワレコのレジに並んでて、
後ろから聞き覚えがあるビーチ・ボーイズの曲が流れてきた。
そんでふと振り返ってみたらこのDVDが。
それを何気なく手にとり、またレジに並び、なんとなしに買ったオレ。

このアルバムの存在を28年間、特に興味を持たなかった僕。
苦労の末やっとほほ笑めたブライアンって人がいるにもかかわらず、
それをずーっと待っていたファンがいたにもかかわらず、
最近なんとなーく買ってみて、そんでほほ笑んだオレ。
こんなオレってどう?

全然アリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »